非営利団体とITスキルを持ったボランティアを自動マッチングさせていく「#charity」

[2015/1/24]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-01-24 9.08.04

非営利団体×ITのトレンドは、社会を変革する。視覚障害者の支援をするための遠隔ボランティアシステム「Be My Eyes」の話題は、世界で持ちきりだ。

【参考】
視覚障害支援の非営利型クラウドソーシングネットワーク「Be My Eyes」

さて、Be My Eyesのようなシステムを作ろうと思った場合、当然ITのプロフェッショナル、技術者が必要となる。しかし、一般的なNPOであれば、そこに大きなお金を投資できないのが現状であろう。そんな問題を解決しようとする新たなサービスが登場する。

3月リリース予定の「#charity」は、非営利団体とITスキルを持ったボランティアをつなげていくためのサービス。これまでとちょっと違うのは、マッチングに人を介さないという点だ。

技術者のLinkedInのプロフフィールから、ボランティアの技術や興味を分析し、非営利団体のニーズに合わせ、アルゴリズムが自動でマッチングをしてくれる。マッチングされたプロジェクト、仕事がうまくいくように#charity側は、側面支援を続ける。

ボランティアのクラウドソーシングが、スピーディーに行われていくトレンドの始まりである。日本にも#charityのようなサービスが登場して欲しいところだ。

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を