太陽光システムを導入したミニ温室をベランダに設置するというアイデア

[2015/2/20]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-02-20 10.55.40

都市と自然の高度な融合は、これからのトレンドだ。

【参考】
未来の都市オフィスでは、自分で収穫した野菜を食べるようになる

都市部のマンションでもベランダに植木やプランターを置いている人は少なくない。という私もベランダには3つのプランターを置いている。

しかし、春夏秋冬の風雨にさらされ、思うように植物を育てることができないのが常だ。よって、主に天候の変化に強い植物しか育てることはできない。

もし仮にベランダを温室化できたらどうだろうか。観葉植物はもとより、ちょっとした野菜にだって挑戦できるはず。

それを実現しようとしているのが、ソーラーグリーンズカンパニーの「My Terrace Farmer」だ。太陽光で発電するミニ温室で、スマホやタブレットで、遠隔管理も可能。

スクリーンショット 2015-02-20 10.54.57

持ち運び、そして組み立ても簡単。Kikstarterで一台1899ドルで事前販売をし、現在製作を続けている。

スクリーンショット 2015-02-20 10.53.31

このようなスタイルが登場してくると、都市部における新たなガーデニングスタイルとしてムーブメントになる可能性もある。

都市はいかにグリーン化を遂げて行くのか。江戸時代の循環型の社会を現代の文脈で蘇らせる動きは活発化していく。

【クエスチョン】
・太陽光発電を利用したデバイス、システムのアイデアを出し、実現の可能性を検討してみよう!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を