平均1時間!超短時間でタスクを仕上げてくれる人が集うクラウドソーシングサイト

[2015/2/24]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-02-24 7.21.46

「猫の手も借りたい」というため息を幾度ついてきただろうか。そんな時にお願いをするプラットフォームは、これまでありそうでなかったのではないか。

Speedlancer」は、4時間以内に依頼した仕事を済ませてくれるリモートワーカーが集うクラウドソーシングサイト。ライティング、デザイン、調査、データ入力の仕事を任せることができる。

現時点で、仕事があがってくる平均時間は1時間程度。1つの仕事の平均価格は29ドルだ。

これは、利用者だけでなく、リモートワーカーにとっても有り難い仕組みだ。「今、この数時間空いている。この時間だけ仕事をしたい!」と思ったら、Speedlancerに行けば、そこに仕事があるわけだ。

これまでのリアルだけの世界では、働きたいという時にすぐ働くことはできなかった。なぜなら、どんなにあらゆる時間を削ったとしても「移動時間」までは削れないからだ。しかし、リモートワーカーの仕組みであれば、その移動時間というボトルネックはない。この瞬間の1時間働きたい!というニーズにも対応できてしまう可能性があるのだ。

いずれにせよ、仕事の発注者にとって、働き手にとっても、良い仕組みであることは間違いない。リモートワーカーが活躍するインフラは益々整っていく。

【クエスチョン】
・数時間、もしくは数十分以内で特定の仕事を仕上げる!というコンセプトのプラットフォームアイデアを考えてみよう!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を