環境配慮と利便性は同時追求されるもの。Airbnbホストなどが利用する「使い捨てエコシーツ」

[2015/10/26]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

10940477_823349747711201_6045137413854761464_n

エコと利便性、両方を同時追求する世界へ。

Beantown Bedding」が提供する使い捨てベッドシーツ&枕カバーは、数週間利用したら、捨てるか庭や畑の堆肥にすることができる。

素材が、ユーカリ素材のテンセルという材料から作られている。無農薬栽培かつ、綿の20分の1の水の量で製造ができるという点も特徴だ。シーツの定期配送サービスも提供されており、Airbnbのホストにも重宝されているとのこと。

10393581_783230095056500_3969607264062057587_n-1

使い捨てと使い続けること、どちらが環境に優しいのか。確かにそれは、コンセプトや状況によって変わるだろう。利便性、経済性は誰もが考慮に入れるが、二酸化炭素排出量、水の使用料、エネルギー使用料等、総合的な観点でエコなプロダクトを設計していける時代になっている。

そんな中「エコだけど使い捨て」という概念は、私たちに重要なインスピレーションを与えてくれる。 

環境配慮と利便性の追求は、同時に行われていくものであり、そこがまだ満たされていない領域には、大いなるイノベーションのチャンスが眠っている。 

 

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が、2週間で3刷に突入!

cover

新著「ビジネスモデル2025」が1週間たらずで重版決定!ハイブッド型経済と広がる共有経済圏
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を