次世代 薪ストーブのデザインに感動。モジュール化の概念で住空間が進化する!

[2016/3/14]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

concept_41

以前、モジュールタイプのマイクロアパートメント「Kasita」を紹介したが、あらゆるものがモジュール性とデザイン性を併せ持ちながら進化の方向へと向かっている。

【参考】
部屋ごとに都市部を移動できるスマートマイクロアパートという新たな住居概念

今回ご紹介する「Speeta」は、モジュールタイプの薪ストーブシステムだ。30センチ四方の立方体の組み合わせでできており、自在にカタチを変えることができる。収納スペースをそのまま椅子にデザインすることもでき、ご覧のように本をしまえるというコンセプトも素敵だ。

philippe-starck-speetbox-wood-stove-designboom-09

薪ストーブは、木材の収納場所が大きな問題であるが、収納をインテリアにまで収斂させることで、その問題を解決をした。ちなみに、キューブの色はシルバー、ブラック、ホワイトから選ぶことができる。

Speetaは、通常のスタンダードな薪ストーブよりも79%も熱効率がよく、灰掃除の手間も少ないという点が特徴だ。当然石油ストーブのように瞬間的に温めることはできないが、火を消した後もじわじわと24時間熱を放出し続ける。

philippe-starck-speetbox-wood-stove-designboom-08

philippe-starck-speetbox-wood-stove-designboom-01

昔ながらの薪ストーブは、世界的にじわじわと人気を集め始めている。日本でも同様だ。その大きな理由がインテリアとしての魅力である。

今後薪ストーブのデメリットを、現代の文脈の中で解決し、高度にリデザインされた時が、本当の復活の時なのかもしれない。そのスタイルの1つをSpeetaは私たちに提案してくれている。

philippe-starck-speetbox-wood-stove-designboom-03  

Speeta : Web / Facebook 

 

オンラインサロンでもっと深い情報と交流、コラボレーションを。
Social Design Salon」 

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を