【コラム】「退屈な幸せ」を乗り越えるために

[2017/10/2]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

不満はない。生活もそれなりに充実している。でも、なんだか分からない空虚さが、心の奥に澱のように沈んでいる。

「退屈な幸せ」との戦い。密かに始まっているけれど、目に見えない時代の大潮流だ。

その隙を狙って、実存的虚無感がゆっくりと襲ってくる。それぞれが持つ、多様な暗い衝動に火を付けていく。当の本人さえも気付かないようにこっそりと。

それを振り払うかのように、刹那主義へ、快楽主義へ、人によってはニヒリズムへと堕ちていく。若いうちはそれでも良い。しかし、歳をとってくるとそのメッキは、あまりにも無残に剥がれ落ちる。

そう言った信条では、晩年の壁を到底乗り越えることはできないし、人生決別の瞬間に後悔する可能性が高くなる。

よって、それをより良く繋ぐものが、目的観や使命感だ。しかし、口で言うには容易く、掴めたと思う瞬間もあるだろうが、実際はそう簡単でもない。掴めたと思ったら、すぐにすり抜けていってしまうこともある。なぜならそれは、掴むというよりも「深めるもの」であるからだ。

それは、時間もかかるし、地味。受動的な快楽をスマホから瞬時に受け取れる時代であるからこそ、より一層そのような話は面倒くさく感じる。

しかし、この深まりと取っ組み合っていかなければ、その空虚さと真に向き合うことはできない。その壮絶なる格闘の中で、初めて「退屈な幸せ」を乗り越える鍵を手にすることができる。

時代は高速に動いている。よって、日々の電光石火の行動は不可欠だ。その中で深まりを意識すること。拙速と深耕をいかに両立するのか。そういった課題感が私たちの前には横たわる。

 

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon」

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を