プロが作ったような3Dモンスターを作る!Autodesk 123D Creatureが面白い!

[2013/2/15]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

これはいい!Autodesk社が、プロが作ったような3Dモンスターを作成できるiOSアプリ123D Creatureをリリース!

バーチャル粘土を指で動かし、色の設定も自由自在。上の動画をご覧あれ。

123Dクリーエイチャーは3Dモデリング初心者のために作られており、iPadで使用することができます。価格は170円。

あらかじめ作成されたモンスターが、ギャラリーにはたくさんシェアされていて、これらを参考に自分の作品を作ることも可能です。

ちなみにこの123Dクリーエイチャーは、3DプリントサービスSculpteoを通じて、そのままフルカラー3Dプリントすることもできます。

この流れは、盛り上がっていきそうな雰囲気を感じますね。

 

やっぱりフィギュアはキラーコンテンツの1つ!?

SFドラマ「スタートレック」が、オリジナルフィギュアを製作するため3D Systems社と業務提携を発表しました。

Join the crew of Star Trek with your own 3D figurine

3Dシステムズ社が、コンシューマー向け3Dプリントサービスを展開するCOWEB社の買収を発表」を記事にしましたが、結局はこれがやりたかったんですね!

COWEB社は、顔写真をアップロードしてフルカラーフィギュアを作る3Dプリントサービスを提供していました。そして今回の3D Systemsサービスは、顧客の顔を3Dデータ化し、それをスタートレックのキャラクターのコスチュームのデータと組み合わせ、3Dプリンタ「ZPrinter TM 650」で出力します。

これを考えると、日本でもガンダムやエヴァンゲリオン、ワンピース、北斗の拳なんかでも人気が出そうです。また小さい子供向けには、ドラえもんやらアンパンマンやらと、何かと面白いことができそうな感じがしますね。

やっぱり3Dプリンタのキラーコンテンツの1つはフィギュアなのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を