町や学校、コミュニティが「アイデア」を収集することのできるサービスMindMixer

[2013/5/7]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2013-05-06 21.08.29

​​町や学校、コミュニティが、地域住民や関係者など様々な人から”アイデア”を収集することのできるサービスMindMixerが400万ドルの資金調達をしました。

MindMixer Raises $4mm for Engagement Tools

町や学校などがMindMixerに自分たちのページを立ち上げ、地域の住民からアイデアを募集したり、それにコメントを記載してコミュニケーションをとることができます。

地図にピンが刺さっているところが、ページが立ち上がっている町や学校、コミュニティーのある場所です。

スクリーンショット 2013-05-06 21.58.46

例えば、次のようにシダーパークという町が、住民からアイデアや意見、また「シダーパークに住んでいる3つの理由は?」などのアンケートを収集しています。

スクリーンショット 2013-05-07 10.00.25

学校も次のようにページ作っています。「100ドルの予算を子供達のため、学校経営のために、どの割合で振り分けるか?」などの意見を募集しています。

スクリーンショット 2013-05-07 10.03.41

良いアイデアに関しては、ポイントを付けて、それに対して報酬を与えることもできる仕組みになっています。

例えば、学校が求めているテーマに関して良いアイデアを提出してくれた人には、学校の演劇への招待チケットや、学校経営者との朝食などが報酬として渡されます。

MindMixerは元々、”誰も出席しない公共の会議”をより広く住民に参加してもらうために作られたサービスです。ガバメント2.0が注目を浴びますが、MindMixerもこの流れを加速してくれそうです。また、これを見てMindMixerの日本版もはやく立ち上がって欲しい!と思う人も多いことでしょう。

今回の資金調達の背景には、町や学校のような公共的な場所だけでなく、NPOや企業がページを立ち上げられるようにすることを視野に入れているようです。

ハフィントンポスト日本版オープン

スクリーンショット 2013-05-07 10.25.51

日本にもついに、ハフィントンポストが上陸しました。こちら朝日新聞社とザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループの合弁事業として立ち上げられています。

著名人のコラムはもちろん、ハフィントンポストが投稿する記事には、Twitterなどの引用をたくさん掲載してあります。

スクリーンショット 2013-05-07 10.31.30

1つのニュースやテーマに関して、多くの人の良質な意見やコメントが掲載されていき、議論の場となる。また、それらをトータルして1つの”記事”として読んでいくイメージです。

このようにMindMixer含め、ネット上の秩序だった場から生まれるアイデアやコミュニケーション、議論が”新しい価値”を作り出すという潮流は大きくなっていくことでしょう。

 

 

広告の募集始めました

スクリーンショット 2013-05-07 10.41.21

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を