バナー広告のクラウドソーシング「Dispop」が60万ドルの調達。広がるマイクロタスクの潮流

[2013/6/17]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2013-06-17 15.18.18

バナー広告のクラウドソーシング「Dispop」が60万ドルの資金調達です。

Crowdsourced ad design platform Dispop launches with $600k seed funding from Inimiti

サービスはこのような流れ。

まずは簡単に、必要としている広告バナーの説明を書き、コンテストを開催します。

 スクリーンショット 2013-06-15 21.19.12

すると、世界中のデザイナーやクリエイターからバナーが集まってきます。

 スクリーンショット 2013-06-15 21.19.47

素晴らしいのは、ここから。

Dispopとグーグルアドワーズアカウントを同期させて、バナーごとのクリックやコンバージョンの測定を行います。

 スクリーンショット 2013-06-15 21.20.33

その結果から、「ベストバナー」を決定。

 スクリーンショット 2013-06-15 21.20.48

利用プランは199ドルのプランや499ドルのプラン、999ドルのプランなどがありますが、例えば499ドルプランの場合には、1位のデザイナーは、269ドル、2位は77ドル、3位は39ドルと配分されます。 

最低2万円で、クリックやコンバージョン計測済みの効果あるバナー広告を作れるのは、良いですね。 

今後、このように「マイクロタスクをコンテスト形式にして、コンバージョン計測をしたものを提供する」というWEBマーケティングのクラウドソーシングサービスは、どんどん登場してきそうです。

Dispop from DesignPax on Vimeo.

 

マイクロタスク化する仕事

mini

photo credit: PetitPlat – Stephanie Kilgast via photopin cc

クラウドソーシングの長所は、安くできること、プロジェクト事に人材をチョイスできること、質の良いものができあがってくることなど様々ありますが、これまでにない重要なポイントがあります。

それは、ホワイトカラーがやるような仕事を「マイクロタスク化」できるということです。Dispopもまさに、マイクロタスクである「バナー」に特化しています。

例えば、翻訳の世界ももはやそうなっています。

日本発のサービスConyacは、2ドルで日本語240文字を最速15分程度で翻訳できてしまう翻訳のクラウドソーシングサービスです。驚異的なスピード破壊、価格破壊です。

この英語の文章、なんとなく言っていることは分かるんだけど、このパラグラフだけよく分からない!なんていうこともありませんか。また、英語でのメールのやり取り、自信ない…なんて言う方にもピッタリです。 ちょっとした「マイクロタスク」で翻訳をお願いできます。

また最近では、秘密保持契約を結び、長文翻訳に対応したビジネス版Conyacも登場しました。

今後、あらゆる仕事がマイクロタスク化され、クラウドソーシング経由で仕事を進めていくことが増えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を