デスクトップ3Dプリンタで印刷できる「顕微鏡」

[2013/6/15]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

microscope_preview_featured

おお〜。Makerbotの3DデータコミュニティーThinggiversに、デスクトップ3Dプリンタで印刷可能な顕微鏡の3Dデータが。

A Fully Printable Microscope

低コストの顕微鏡を自宅で作ることができます。

ただ1点、レンズだけは、使い捨てカメラのレンズが必要(笑)

cameras_preview_featured

このように3Dプリントした部品にレンズをはめます。

IMG_1859_preview_featured

簡易的な顕微鏡ではありますが、0,1mmを、このくらいの大きさで見ることができるようです。

IMG_1893_preview_featured

またこちらの顕微鏡、フォーカスロックが搭載されたりアップデートもされています。

A Printable Microscope Focus Lock Upgrade

教育や実験、3Dプリンタを使ったワークショップ等に使っていけそうなデータです。

また先日、Thinggiversに投稿されていた3Dデータが10万を超えた模様。今後も思いもしなかったような面白いデータがThinggiversにアップロードされていくことでしょう。

 

製品デザイン6つのトレンド

medium_2039215799photo credit: Ѕolo via photopin cc

今、注目されている「ものづくりトレンド」をまとめると次のようなものになります。

・デジタルファブリケーション
→言わずと知れた3Dデータを中心にした製造スタイル。3Dプリンタは、このトレンドの中の代表格
・ローカリゼーション
→アップルが廉価版のiPhoneを出すのでは?と言われていますが、地域、文化等に応じてローカライズされる製品トレンド
・モノのインターネット
→あらゆるモノがインターネットに接続されていき、相互連携が行われ「モノがロボット化していく」という潮流
・スマート化
→製品がPCのソフトウェアやスマホアプリなどと連携をしていくこと
・デザインスペシャル
→職人やアーティストが関わり、今までにできなかったデザインを生み出していく。団扇「Maiko」やハローキティ×螺鈿(らでん)プロジェクトなど
・ソーシャルグッド
→社会貢献性の高い製品。例えば、誰でも気軽に3Dプリント可能な「義手」など。今後の注目トレンド

以上、これらのトレンドを掛け合わせることで、付加価値の高い製品を作っていけそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を