スマートウォッチ「Pebble Time」がついに20億円を突破!クラウドファンディングの資金調達記録をどこまで伸ばすのか

[2015/3/11]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-03-11 17.21.43

Apple Watchが世間を賑わせている中ではあるが、スマートウォッチ「Pebble Time」がついに日本円にして20億円の大台を突破した。

【参考】
あっという間に8億円越え!Kickstarterの最高調達額を大幅に超えるであろう次世代スマートウォッチ

まだ、16日という日数が残っているため、最終的にどれだけの記録を打ち立てるか世界が注目をしている。

さて、気になるApple Watchとの差だが…

 以下の点が、最も気になるところ。

これは単なる通知のための第2画面でない。そう、Apple Watchは時間を節約する。しかし、Apple Watchは仕事をこなす。Uberを呼び出す。Instagramをながめて「いいね!」をつける。WeChatメッセージに返信する。マイクとスピーカーで電話を受ける。

(中略)

これまで、スマートウォッチの概念は単なるスマートフォンの相棒にすぎなかった。手軽にアラートを受け取ったり、ウェアラブルで基本的な処理を行うことはあっても、何かをちゃんとやる時にはスマホを出してくる必要があった。

しかしAppleは、腕に着けたこいつに仕事をさせたがっている。これは、最大の批判を打ち破るものかもしれない:われわれの生活は複雑すぎる。

引用元: Apple Watchがあれば、iPhoneはポケットに入れたままでいい – TechCrunch.

つまりは、スマホをしまったままで、様々な作業が行えるという点。この部分が、スマートウォッチにとって、重要なポイントになるに違いない。

Apple Watch vs Pebble Timeの肝であることはもちろんのこと、今後登場するスマートウォッチは、スマホをどれだけ触らせないかが重要となっていきそうだ。

スマートウォッチの購入を検討していない人も、スマホで行っていた作業が、驚くほど効率的かつ生産的になるとしたなら、検討をし始める人も増えるはず。

【クエスチョン】
・スマホでよく行っていることを一度、棚卸ししてみよう!その作業をスマートウォッチで行った場合に、どれだけ生産性が高まるかを考えてみよう!

スクリーンショット 2015-03-11 17.21.43

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を