「読み方」の未来。レシートサイズの紙にショートショート(小説)を印刷し提供する!

[2015/10/24]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-10-24 10.24.16

「読むこと」の未来に、「紙」は完全になくなるかというと、そうではないと思っている。

Short Edition」は、短い小説をレシートのような紙に印刷するデバイスを提供する。フランスのグルノーブルの公共施設でパイロットプログラムとして開始されている。

1分で読めるもの、3分で読めるもの、5分で読めるものが、高さ1メートルほどのこちらの機械から出てくるという仕組み。

スクリーンショット 2015-10-24 10.24.00 
スマホで小説を読むという文化は若手を中心に広がったが、ショートショートの小説がその場で印刷され提供される仕組みは興味深い。今後は、小説だけではなくてもいいかもしれない。

例えば、これまで待合室には、雑誌や新聞、漫画などが置かれていた。これをレシートサイズの読み物に代替される可能性はないか。新聞や雑誌というパッケージが、今の時代の待合室にそのまま合っているかというと分からない。

提供されるレシートの最下部、もしくは裏に企業広告を載せて、設置する事業者にはお金がかからない仕組みにすれば…。

以前、「広告モデルを利用した電気自動車の無料充電ネットワーク」についてご紹介したが、「読む」という領域にも同じようなモデルが登場してきてもおかしくはない。

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が、2週間で3刷に突入!

cover

新著「ビジネスモデル2025」が1週間たらずで重版決定!ハイブッド型経済と広がる共有経済圏
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を