招待は「送迎手配」も一緒に。交通費支給がマーケティングのスタンダードになる近未来

[2015/11/26]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

road-people-street-smartphone-large

友人や知人を「呼ぶ」方法は変化をしていく。手紙に電話、Faxにメール、最近ではソーシャルメディア上からイベント告知が頻繁に送られてくる。

さて、今後この「招待」の概念は新たな進化を遂げる。「Teleport」は、自分の友人、知り合いをUberを経由して招待することができるサービス。イベントや食事のお誘いをする側が、交通手段まで瞬時に手配するイメージだ。

スクリーンショット 2015-11-26 9.33.22

招待を受け取った友人、知人は、時間が空いていればその招待を承認し、迎えに来て欲しい場所を地図で指し示す。すると迎えのクルマがやってきて、招待された場所まで送り届けてくれるわけだ。

現時点であればクルマだけではなく、鉄道のチケット手配までできればとも思う。主催者側からの交通費の支給は、参加のハードルを大幅に下げるに違いない。

スクリーンショット 2015-11-26 9.33.41 
UberEVENTS」をご紹介した時にも解説したが、このサービスの先には、ライドシェア及び自動運転社会での「送迎の無料化」というコンセプトがある。

自動運転時代のライドシェアであれば、送迎コストは限りなく安い。現代のタクシー代から比べると数分の1以下になる可能性が高い。つまり、イベントへの招待は常に、無料送迎と一緒であることを意味する時代になるというわけだ。マーケティングにおける新たなスタンダードとなっていくか。注目したいところである。

 

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が、発売1ヶ月半で5刷に突入!

cover

【参考】
【BBM】『ビジネスモデル2025』長沼博之・著 vol.4122
Newsweek日本版「コストゼロ&シェアの時代のマネタイズ戦略」
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

road-people-street-smartphone-large

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を