誰でも簡単にちょっとした3Dデータを作成できる無料アプリ「Cubify Draw」

[2013/5/28]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

3Dsystemsが運営する3Dプリンタ関連サービスのプラットフォームCubify。こちらが、Cubify Drawという無料アプリを発表しましたので早速iPhoneにダウンロード。

写真-20

基本は、一筆書き。線の細さを調整できます。また、写真を選択して背景にし、それをなぞることもできます。

写真-21

「MAKE IT3D」のボタンを押して、3Dデータに。プリントする厚さも選択でき、FULLボタンを押すと空洞部分をしきつめることもできます。

mzl.ohpiswvv.320x480-75

感じたことは、一筆書きだけでなく、いくつもの線が加えられると良いというところ。また、線が滑らかにいかない場合も多いので、自動で滑らかさを出してくれるボタンがあると良いと思いました。

 

3Dでクリエィビティーを発露させる

medium_7592151598photo credit: Hersson Piratoba via photopin cc

パソコンで仕事をすることが日常なのですが、アイデアを出していく時、図や表を書きたい時は、大きなスケッチブックやノートにつらつら思いついたことを書き連ねます。

一度アウトプットすると、モヤモヤしていたものが、言語化され、形になってあらわれることで「思考」が深まります。

今後は思いついたことを2Dでアウトプットするというだけでなく、さっと3Dプリントしてみるなんてことも普通になっていくのでしょう。

これまでは「アイデアからモノ」までの壁は高く高くそびえ立っていました。アイデアをひらめいたとしても、それをモノにするまでには、労力とお金があまりにもかかりすぎました。

しかし、これからは違います。

アイデアがひらめいたら、その場ですぐに3Dデータにして、3Dプリンタとして出力してしまう。そして、思考を深める。そんなことが行われていくことでしょう。

そう言えば、以前ご紹介した3D写真館は期間限定のものでしたが、今回青山に常設の3D写真スタジオが出来たようです。

AOYAMA 3D SALON

参考)OMOTE 3D SHASHIN KANがおもしろい!チャンスはどんどん生まれている

デジタルファブリケーション業界は、日進月歩ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を