21世紀型医療を垣間みる。小型医療デバイスScanadu Scoutがすごい

[2013/5/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

scout-centered

21世紀の医療は、どうなるのか?

また、近未来を予感させる面白い製品がクラウドファンディングindiegogo(インディゴーゴー)にて、資金調達をしています。

Scanadu Scout, the first Medical Tricorder

Scanadu Scoutは、ポケットに入るサイズの機器。10秒間こめかみあたりの額に当てるだけで、健康情報をスマートフォンに送ってくれるという製品です。

kid_screens

心拍数、体温、心電図、血圧、血中酸素、呼吸速度、ストレスなどを計測できます。

screens

小さなお子さんのいる親、学校の保健室、登山をよくする人やパイロット、日常的にライフログを取りたい人など使い方は多種多様。

199 ドルで1個購入できますが、現時点で10万ドル(約1000万円)の目標金額を大幅に超えています。100万ドル(1億円)にどこまで近づくか?注目ですね。

スクリーンショット 2013-05-29 8.35.59

Scanadu Scoutは、TVシリーズ「スター・トレック」で使われていた、「人間の身体に近づけスキャンするだけで、その患部と病名が分かってしまう」という装置をイメージしたもの。いや〜、すごいです。

今後FDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を取り、2014年3月に正式に出荷することを目指しています。この流れがもう少し進めば、遠隔触診なんていうのも夢ではなくなりそう。

“ポケットに入る緊急治療室 Scanadu Scout”。近未来的です。

 

変わる21世紀の医療の形

medium_4544013443photo credit: Thomas Hawk via photopin cc

医療も、情報革命とクラウドソーシング革命、クラウドファンディング革命によって大きく進化を遂げそうです。

以前、「貧困を無くすためのクラウドソーシングSamasourceのソーシャル・インパクト」について記事を書きましたが、同系列にSamahopeがあります。

こちらは貧困地域で医療を受けられない人のためのクラウドファンディングです。主に手術費用の資金調達になっています。

スクリーンショット 2013-05-29 10.20.02

日本も医者不足の深刻さが増していますが、様々な方法、ツールを通じた、21世紀型の理想の医療について模索し始めるタイミングに来ているのでしょう。

【参考】
健康系の投資型クラウドファンディング・プラットフォーム「healthfundr」がローンチ
医療業界もクラウドソーシングを利用する時代へ。群衆知を治療に利用するCrowdMed

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を