ナノロボットでガン細胞を狙い撃ち!

[2012/4/21]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ナノロボット技術が、どんどん進化しています。

今まで抗がん剤は、正常な細胞まで壊してしまうことが
大きな問題でした。しかし、このような技術の開発によって
正常な細胞を壊さずに治療をすることができるようになります。 
 

   ___________________________________________

研究チームは、白血病細胞の表面にある分子に反応してカギが
外れるDNA折り紙を設計し、これでナノロボットを作った。
ナノロボットの中には白血病細胞の成長サイクルを阻害し、
白血病細胞を破壊する薬品が入れてある。数百万に複製した
ナノロボットを白血病患者の体内に注入したところ、3日後
には白血病細胞の半分を破壊し、正常な細胞には影響がない
ことがわかった。

引用元: DNAでできたナノロボットがガン細胞を狙い撃ち | Telescope Magazine.

   ___________________________________________

このような技術が一般化され、外科手術に変わる日は、
まだ数年以上先だとは思います。しかし、この文章を
読んでいる人のほとんどが生きている時に来ますね。

日本人の死因の1位は癌です。30%の人が癌で亡くなる
計算です。このような技術により癌が簡単に治る病気に
なっただけで、平均寿命は 大幅に伸びます。

しかし、一方アインシュタインはこのような言葉を残しています。

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/#!/69_00_69/status/193008622496780288″] 

ますます、目的や価値が重要になりますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を