身につけるジュエリーをウェアラブルデバイスにする「Imbue」

[2014/11/11]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2014-11-11 10.08.34

あらゆるジュエリーがネットにつながる世界へ向かって。

Imbue」は、身につけるジュエリーにインターネットをつなげ、アプリ連携させるサービスだ。

スクリーンショット 2014-11-11 11.07.09

スマホばかりをいじってしまう時代において、”その場の瞬間を大切に”と、自分が重要だと思う人に関しての情報のみが、ジュエリーに連動し、振動したり、光を放って教えてくれる。

普通にしていると、スマホは何かと動いている。通話やメールの着信はもちろん、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア、ニュースの受信など、何かと慌ただしく動き続け、それに合わせて、私たちの意識も中断を余儀なくされる。

そんな問題をインターネットに連携したジュエリーを通じて解決しようというわけだ。スマホを触る機会を最小限にして、その場の経験に集中することをフォローする。

スクリーンショット 2014-11-11 10.09.13 
現在、このシステムを利用できるジュエリーデザイナーの募集もしている。今後ジュエリーデザイナーやジュエリーメーカーは、気軽にモノのインターネットを導入していけるようになりそうだ。

モノのインターネットをディレクション

shutterstock_157221566PHOTO: looking at the shop showcase from Shutterstock

モノのインターネットと言ってもそれを開発、利用できるところは、そういった技術に強いところだけ。そう思う人もまだまだ多いかもしれない。

しかし、今回のサービスからも感じると思うが、モノのインターネットは、思っている以上にスピーディーに民主化されていく。それをプロデュースしたり、ディレクションする企業やサービスは今後益々増えていく。

また、ジュエリーだけでなく、陶器や布類、伝統工芸品など何から何まで、今後はその可能性が開かれていく。

それらとモノとインターネットの連携の中で、どんなライフスタイルが生まれてくのか?思いもよらなかった、イノベーションがこの分野から立ち現れてくることだろう。

以前から、「モノを販売するのではなない、これからは体験を提供することだ」、と言われているが、これまでの体験がただの遊びに過ぎなかったと感じるほど、情報密度の高い社会のモノのインターネットは、私たちの体験を多角的にリッチに支援してくれるようになる。

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を