広がるスワップコマースの可能性。移動者同士が、モノと情報の交換するカルチャーは生まれるか

[2015/10/13]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

C85434532E

新たな交換のカルチャーはゆっくりであるが広がっていく。

Roadswap」は、トラックドライバー、RV運転手やバス等で移動する旅行者をつなげ、モノの売買や交換を支援するサービス。

アプリを開くと、どんな人がどこに、何を持っているのかが把握できる。興味のあるものを持っている人を見つけた場合、その人にアプリ経由でコミュニケーションをとり、駐車場で取引を行うという仕組みになっている。

スクリーンショット 2015-10-13 8.55.46

元々トラック運転手が、DVDを駐車場で観ている中、たまっていくDVDを横目に、他の運転手と交換することができたらな、という発想から生まれたサービス。

現時点で、これが大きく広がるかというのは正直分からない。しかし、1つ言えることは、移動している人達が、ネットワークを作り、必要な情報やモノを直接交換し合うというカルチャーが広がる可能性は十分にあるだろう。

つまり、旅行している人達のネットワークをリアルタイムで表示し、誰がどこで、どんなものを持っているのかというのを把握しあう。その人達同士で、情報や荷物の交換があってもいいはずだ。

もちろんそこには、キラーコンテンツと呼ばれるようなモノが登場する必要があるだろう。移動者同士の情報やモノの交換が、ゆっくりと新たなカルチャーを生み出すか。注目したいところである。

 

 

※9/28発売の新刊「ビジネスモデル2025」が、発売1週間たらずで重版決定!

cover

新著「ビジネスモデル2025」が1週間たらずで重版決定!ハイブッド型経済と広がる共有経済圏
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を