エコとデザインは相反するものではない。100%木で作られた生分解性バッグが示す新たなデザイン

[2015/10/28]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-10-28 14.53.56

エコ系バッグというと、デザインの完成度が落ちるというイメージがあるかもしれない。

しかし、「reWrap」が提案する生分解性バッグは、デザインにおいてオリジナリティ溢れる概念を提示している。外身はココナッツ繊維、止め木と持ち手はクルミの木、内側は100%天然のゴムで作られ防水加工がされている。

スクリーンショット 2015-10-28 14.58.18

ハチの天然ワックスで表面加工をし、縫いの作業は障碍を持たれている方が働く、アムステルダムの工房で行われている。更には、カーボンニュートラルも実現し、その公益性追求の徹底ぶりには驚かされる。

スクリーンショット 2015-10-28 14.52.14

デザイン性もぬかりなく、「木」というコンセプトから逃げずに、自然とデザイナーバッグへ昇華されている点も特徴だ。価格は245ユーロ(約33,000円)からとそれなりにするが、その値段も頷けるものとなっている。

スクリーンショット 2015-10-28 14.54.08

rewrapdesignboom01

環境配慮と利便性は同時追求されるもの」であるが、同時に、デザイン性と公益性の追求は、決して相反するものではないことを教えてくれている。

 

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が、発売1ヶ月で4刷に突入!

cover

新著「ビジネスモデル2025」が1週間たらずで重版決定!ハイブッド型経済と広がる共有経済圏
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

スクリーンショット 2015-10-28 14.53.56

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を