駐輪スペースをリアルタイム把握し、どこに自転車を止めるべきかを教えてくれるシステム

[2015/10/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

p-route-opening

自転車と駐輪場との関係性も再構築されていく。

オランダの「lumiguide」が提供する駐輪管理システムは、サイクリストには有り難いコンセプトを浸透させようとしている。

都市部の駐輪場には、ロックシステムがどんどん導入されている。一方で、どの駐輪場が空いているかどうかは、現場まで行って目で確かめるしかない。しかし、このシステムを導入すれば、駐輪スペースまで行く前に、現場の状況を教えてくれるのだ。

仕組みとしては、屋内、屋外の駐輪場の状態をセンサーでリアルタイム把握し、その情報を電光掲示板で示すというもの。

screenshot-rekloze-plekken display-rotated

公共施設における利用はもちろんのこと、ショッピングモールやデパート等に設置されていれば、利便性が増すことは間違いない。

また、このシステムが駐車場に応用が求められていくことは必然だろう。立体駐車場にクルマを止めようとした時、グルグル回りながら目視確認をする旧来のスタイルは、非常に効率が悪い(危険でもある)。

どのスペースにクルマを止めるのが最もよいかを、カーナビ経由で教えてくれたなら…と思ったことのある人は多いのではないか。IoT及び人工知能によるデータ駆動型社会においては、そんなサービスも当然のように登場してくる。

 

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が、発売1ヶ月で4刷に突入!

cover

新著「ビジネスモデル2025」が1週間たらずで重版決定!ハイブッド型経済と広がる共有経済圏
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を