2016年はラストワンマイルを担う「物流ロボット」元年になる

[2015/11/14]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-11-14 7.30.07

2016年は、街を自在に移動する物流ロボット元年となるかもしれない。

以前ご紹介したSkypeの共同創業者Ahti Heinla氏が挑戦するスタートアップ「Starship Technologies」は、ミニサイズの荷物輸送ロボットを提供する。

【参考】
人間の歩行スピードで動く小さな「荷物配達ロボット」が、街の物流を担う日

今回ご紹介する「dispatch」もそれと同じく、地域のラストワンマイルの物流を担うロボットだ。ボックスにタイヤのついたシンプルな外見。

スクリーンショット 2015-11-14 7.34.40

人ごみの中でも、センサー機能で安全性を確保しながら進んでいく。

スクリーンショット 2015-11-14 7.30.22

荷物の取り出しは、暗証番号によってロック機能を解除して受け取る。

スクリーンショット 2015-11-14 7.27.03

スクリーンショット 2015-11-14 7.27.34   
当然、現時点では多くの地域で道路規制にひっかかるだろう。しかし、各国、各地域で来年からテストやパイロットプログラムが開始され、その実証実験を元に道路規制も見直されていくに違いない。ドローンによる流通もそうだが、同じく今後注目しておきたいコンセプトである。

 

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が、発売1ヶ月で4刷に突入!

cover

【参考】
【BBM】『ビジネスモデル2025』長沼博之・著 vol.4122
新著「ビジネスモデル2025」が1週間たらずで重版決定!ハイブッド型経済と広がる共有経済圏
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を