靴に新たな概念。アッパーと底を自由自在に入れ替えるスタイルは広がるか!?

[2015/11/16]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-11-16 14.07.30

モジュール化はトレンドだ。社会も事業も、そして1つ1つのプロダクトもその傾向性を強めていく。

Shooz」は、靴の上部デザインであるアッパーと底を分けたプロダクト。「この靴のアッパーデザインは好きなんだけど、底の色が気に入らない!」と感じたことのある人は少なくないかもしれない。

スクリーンショット 2015-11-16 14.02.54 
また「アッパーは古びてしまったけど、底はまだ普通に使えるからアッパーだけ変えたいのに…」。そんなことを思ったことのある人は少なからずいるはずだ。Shoozはそんな潜在ニーズへとアプローチする。

スクリーンショット 2015-11-16 14.03.13

アッパーデザインと底は、チャックで接続されている。よって靴をバッグに入れて持ち歩く際も、平たくコンパクトにしまえる点がいい。

スクリーンショット 2015-11-16 14.52.30

例えば、ジムで靴を使うといった場合も、底だけ屋内用に変えればいいわけだ。つまり底だけ、もしくはアッパーだけを持ち運ぶというカルチャーが生まれる可能性がある。先日は超薄型のリュック「Under-The-Jack Pack」をご紹介したが、移動領域が益々広がる人類にとって、これから支持されやすいコンセプトではないか。

新たなファッション概念と利便性に加え、環境にも財布にも優しいこのコンセプトは、「靴」に新たなマーケットを生み出すか。注目したいところである。

 

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が、発売1ヶ月で4刷に突入!

cover

【参考】
【BBM】『ビジネスモデル2025』長沼博之・著 vol.4122
新著「ビジネスモデル2025」が1週間たらずで重版決定!ハイブッド型経済と広がる共有経済圏
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を