地域に一台、自動レンタル機「Tool Share」がある近未来

[2015/1/10]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-01-10 8.25.01

地域のアナログな共有システムPumpipumpeを紹介した記事は、多くの共感を集めたが、「共有」の概念は、2015年も引き続き支持を広げそうだ。

【参考】
自宅のポストに共有シールを張って、地域の共有経済を拡大していくプロジェクト「Pumpipumpe」

デザイナーHong Uihwoan氏、 Song Yoonji氏、 Choi Seungho氏、Han Jisoo氏が提案している「Tool Share」という自動レンタルシステムのコンセプトが興味深い。金槌やドライバー、ペンチなど、日常的に利用することはないが、時々どうしても必要になってくる道具を借りることができる。

利用方法は、まずスマホアプリで、ツールを予約するところから始まる。

スクリーンショット 2015-01-10 8.24.39

ピンコードが発行されるので、近くのレンタル自動販売機・Tool Shareまで行ってそれを入力すると、道具を取得することができる。

スクリーンショット 2015-01-10 8.25.20

このようなボックスに入れて、道具を家に持ち帰り、使用する。

スクリーンショット 2015-01-10 8.22.40

返却方法もシンプルで、自動レンタル機にある返却ボタンを押し、返却用のバスケットを開き、そこに借りた道具を置くだけ。

ちなみに、利用は無料というコンセプトであるが、100円、200円という範疇であれば、誰もが利用したいと思うのではないだろうか。地域に1台、レンタル自販機がある近未来を支持する人は多そうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を