Latest
2017年11月30日
時代の変化は激しい。去年まで常識だったことが、今年になってひっくり返ったことを指で数えてれば片手では足りないかもしれない…

シンプルでクールな最終商品をデジファブで作る

2017年11月29日

3Dプリンタでどこまでの最終商品を作れるか。(プロトタイプではない)そこに視線が集まっている。 「iGUANEYE」は、最小限の構造で足を守り、かつ素早く履いたり脱いだりできる「Jungle」という履物を開発した。 極限 […]

【後編】デザインで「未来のシナリオ」を作る

2017年11月28日

後編ではDanile氏のデザインやテクノロジーに対する考えを伺います。前編はこちらから。 デザインは「上流」から関わること ーなるほど、少し質問が変わるのですがデザイナーとして17年間業界にいると思います。変わってきたこ […]

【前編】IDEOは「人々が何を求めているか?」を見つけるのが得意

2017年11月27日

先日紹介したAgi氏と話しているうちに「IDEOに友人がいるから、会ってみたら?」とキッカケをくれた。IDEOは世界的なデザインコンサルティング企業で、Appleの初代マウスをデザインし注目を集めた。またデザイン思考を広 […]

水をワインやレモネードに変えるカクテルグラスが人間の健康と生産性を高める

2017年11月24日

日々飲んでいる飲み物は、私たちに多大な影響を与える。 シンガポール国立大学のコネクティブ・ユビキタス・テクノロジーが開発した「Vocktail」は、香りと色合いによって、飲み物に味をつけるカクテルグラス型デバイスだ。 3 […]

未来のバイオの視点から「人間とは何か?」を問いかけるデザイナー

2017年11月23日

もし普通の人が「持っていない臓器」を持っていたとしたら、人間と呼べるだろうか? もし手足が「すべて義手や義肢になった」としたら、まだ人間だろうか?それともサイボーグと呼ぶべきだろうか。 その違いはなんだろうか?彼女に会っ […]

【コラム】パターン認識を外せる時間と体験に投資する

2017年11月22日

パターン認識を超え、Wow!と言われる感動を提供できるかにかかっている。時代が価値を見つめる目線はますます厳しい。 私たちは、習慣化によって、エネルギーを削減する。パターン認識によって考える力も削減する。なんとなく仕事を […]

AR時代、自宅のテーブルや橋の手すりの上でミュージシャンのライブパフォーマンスを観る!

2017年11月21日

スマホの進化によってAR時代は助走を初めている。そして、ARヘッドセットの普及こそが、AR時代を開花させていく。以下のMetaの動画は2020年代を明確に示している。 いつでもどこでもライブパフォーマンスを聴くことができ […]

観る人を楽しませる「踊る」植木鉢の秘密

2017年11月20日

以前、楽しさと創造性をもたらす角度をもって回転する椅子をご紹介したが、何も回転させるものは椅子である必要はない。 「Voltasol」は植木鉢の底を円錐上に加工することで風の力をうまく使い、植物が踊っているように動く。 […]

自律走行車時代、多様なクルマ用アクセサリーが生まれる

2017年11月17日

自律走行車時代、車内は空間としての価値を追求することになる。 「Airbubbl」は、車の中に設置するコンパクトな空気清浄機だ。丸い円筒型のデバイスの両側のファンが回りなんと10分で、空気中を巡る埃を除去し、排気ガスや二 […]

銅像に生花のヘッドドレス!コストをかけずに地域に観光スポットを作る方法

2017年11月16日

観光スポットというのは、意外と簡単に作れてしまうかもしれない。 べルギーの「Geoffroy Mottart」は、公共な場所にある銅像に花のヘッドドレスをデザインするアートプロジェクトを展開している。 ご覧のようにカラフ […]

【SDS】12/10(日)「ICOを学ぶリアルサロン in 東京(忘年会も兼ねる)」を開催します

2017年11月15日

ソーシャル・デザインの長沼です。SocialDesignSalon(SDS)で最近書かせていただいている内容のタイトルを共有します。タイトルだけでインスピレーションが訪れますように。 ・オランダのチーズ専門店が世界初の○ […]

実利とPRを兼ね備えた崖の上のポップアップショップ「Cliffside Shop」

2017年11月14日

高さ約90mの崖にお店が…。半分冗談であり、PR用のポップアップショップのように見えるかもしれないが、そうでもない。ロッククライマーにとって現実的に有り難い存在だ。 「37.5 Technology」は、特殊 […]

ラベルに「短編小説」が書かれているワインボトルが売れている

2017年11月13日

375mlの小ぶりなワインボトル。これがイタリアで品切れを起こすほど売れている。その秘密は「量」ではない。パッケージデザインを超えたラベルにある。 実はラベル自体がワインの味とマッチさせた「小説」になっている。ワインを楽 […]

あらゆる仕事場をバーチャルコワーキングスペースに!音環境を最適に整える「OpenHub」

2017年11月9日

音は、知らず知らず影響を与える。そこに鳴っているあらゆる音が、人の意識に変化の因を与えていく。 「OpenHub」は、自身の仕事スペースに、最適な自然音環境を整えるための無料サービス。コンセプトは「バーチャルコワーキング […]

誠実に美しく。極限的にシンプルさを追求した読書灯

2017年11月6日

シンプルさには、誠実さと美しさが宿る。 「Edge Reader」は、Red Dot Design Awardを受賞した読書灯だ。本に柔らかなLEDライトを直接当てるだけでなく、間接照明としても機能する。 ライトの向きは […]

【コラム】テクノロジーが普及しきった先にある『自由』のありか

2017年11月2日

自由とは何か。テクノロジーが普及して、自律的なモビリティが張り巡らされ、超グローバル時代が訪れたとしたら、そこに自由が存在すると言えるか。 ベーシックインカムが普及し、自分の好きなことだけができて、好きな人とだけ付き合え […]

看板1つで「ポイ捨て」を減らすロンドンの粋なプロジェクトが世界に広がる!

2017年11月1日

街のポイ捨てをどうやったら減らせるだろうか?この問題にユニークに取り組んだ環境団体がHubbubです。 彼らはタバコの吸殻を投票用紙に見立て、街中に投票箱のようなデザインの吸殻入れを設置しました。 そして箱にはこんな質問 […]