2013年のアクセスランキング。現実が動き出す2014年の主役は「あなた」

[2013/12/31]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2013-12-31 14.03.39

今年も残すところあと数時間となりましたね。

2013年も多くのトピックをとりあげましたが、最後に年間のアクセスランキングを発表です。

10位 GoogleGlassの次はコンタクトレンズ型コンピューター。開発・実験も着々と進行中

9位 マッキンゼー2025レポート。3Dプリント関連市場は20兆円〜60兆円と予測

8位 可能性はどんどん広がる!3Dプリンタの材料に「木」も登場

7位 液体の金属素材で!デスクトップ型の金属3Dプリンタ「Vader Systems」

6位 世界初のフルカラー3DデスクトッププリンタbotObjects「ProDesk3D」が予約受付開始!価格は約30万円!

5位 クラウドソーシングはここまで来ている!oDesk(オーデスク)が生み出す衝撃波

4位 アマゾンがクラウドファンディングを開始!「Amazon Birthday Gift」。そして次なる一手とは?

3位 日本発の指輪型ウェアラブルデバイス「Ring」がすごい!

2位 産業を根本からひっくり返す「リーンハードウェア」という世界的大トレンド

1位 要注目!2025年までの「ハードウェア革命」のトレンド予測

3Dプリンタにクラウドソーシングにクラウドファンディングにウェアラブルデバイス…。2013年を一言で無理矢理まとめてしまえば、「1人1人の無限の可能性が見え始めた年」と言ってもいいかもしれません。

2014年の主役は、あなたです

medium_513886821 (1)photo credit: Matthew Fang via photopin cc

「挑戦し続ければ『失敗』はない。なぜならいずれ『成功』するから」

これに類する格言は多く存在します。確かにそうかもしれません。

しかし「周り」を、「現実」を直視すればどうでしょうか。

失敗するとお金もなくなり、住む家もなくなり、社会的な評価も驚くほど下がってしまう…。これが今までの「普通」であり、失敗すれば再び挑戦するまでに、大きな時間と労力と精神力が必要でした。

しかし、この格言が誰にでも当てはまる時代が2014年からいよいよ始まります。クラウドソーシングによって、専門家とすぐにチームを作ることができ、デジタルファブリケーションによって、ものづくりに大きな工場を持つ必要はなくなりました。

当然「失敗」は存在し続けますが、それは「面倒くさいな〜…」と思う程度のものまで下がるのです。

結果、私たちは「自分の創造力次第」と言っていい時代に生きることなります。

ランキングで示したように今年は「個人」や「チーム」に力を与えるたくさんの萌芽が生まれました。

その芽が2014年には、あらゆるところで芽吹いていくことでしょう。来年は、「2013年の可能性」がいよいよ現実となって動き出す年です。人類が見たこともない、エキサイティングな年の始まりです。

そして、その主役は誰でもない「あなた自身」なのです。

 

 

【Social Design Newsから本が出ました】

ワーク・デザイン これからの働き方の設計図

workdesign_obi1

働き方は無限大。

組織や事業の寿命よりも、人が働く時間のほうがはるかに長くなった現代。
テクノロジーの進化と人々の価値観の変化によって、「働き方」が大きく変わりつつある。
メイカーズ、クラウドソーシング、クラウドファンディング、ソーシャルスタートアップ……「仕事の未来」には、無限の可能性が広がっている。
あなたは、どの働き方を選びますか?

さらなる進化を遂げるテクノロジーと新たな時代の価値観が出会ったことで、
これまで考えられなかった(あり得なかった)ような働き方が可能となった。
今、私たちの目の前には、数限りない働き方が存在する。
私たちは、自らの働き方を自分で選び、実行していかなければならない。
それが、本書の言う「ワーク・デザイン」である。 ――「はじめに」より

本書では、これからの働き方の新構造を次の7つのステージで捉えた内容となっています。

スクリーンショット 2013-10-22 16.42.00

・新しい「働く」の価値観
・消費社会から生産社会への潮流
・ワークプロセスの文明的大転換
・組織形態の変化
・キャリアデザインについて
・タスクデザインについて
・これから必要とされる個別スキル

現在の「働く構造の進化」は、各ステージをバラバラに見ても分かりません。7つの構造全体を体系的に捉えることで、始めて進化の本質が見えてきます。

Amazonの「なか見検索!」で一部内容を読めるようになっていますので、ご興味のある方はこちらからご確認ください。【書籍】ワーク・デザイン これからの働き方の設計図

※ライフハッカー[日本版]で本書を大きく取り上げていただきました。
いま、新しい働き方『パラレルキャリア』が重要だ、と言える理由

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を